「望まれて婚約した聖女ですが、婚約者には真に愛する人がいるらしく~敵国の王子からは求婚された聖女の選択~」目次

ある特殊な力を手に入れたミレイアは、聖女として故郷を守った。
幼なじみの青年と婚約し、平穏で幸せな日々を送る。

だがある日、久しぶりに会った友人に「彼は本当は私と愛し合っていた」と告げられて衝撃を受ける。

ミレイアが大きく迷う中、敵国の王太子ラウルが現れる。
彼はミレイアと何度も剣を交えた相手でもあった。

ラウルは突然斬りかかり、拮抗したのも束の間――

「貴様に結婚を申し込む」

突如そう言い放ち、ミレイアに答えを迫った。

(初出 2020年10月15日~2020年10月30日 「小説家になろう」)

いいね
シェアする