番外編3

うららかな春の日差しが降り注ぐとある日。 ここレベリオン宮廷の、巨大庭園は見事に美しい花々が咲き誇って人々の目を楽しませる。蔓のアーチを、やんごとなき身の貴婦人たちがゆっくりと歩いてゆく。品の良い笑い声を時折こぼしながら

Continue reading