SS

「白竜の花嫁」関連。

六巻発売企画SS(2)お風呂編

 澄白がかつてこの天空の地へ来る前、決死の覚悟が要った。 恐怖を抑え込むことに全力をつぎ込まねばならず、行く先にはおそろしいものばかりが待ち受けていると思っていた。 ――なのに、この天空の地は、想像とは真逆の世界だった。 強く美しく寛大...
「白竜の花嫁」関連。

六巻発売企画SS(1)桜編

※三巻読了後推奨です※
「白竜の花嫁」関連。

番外編3

うららかな春の日差しが降り注ぐとある日。 ここレベリオン宮廷の、巨大庭園は見事に美しい花々が咲き誇って人々の目を楽しませる。蔓のアーチを、やんごとなき身の貴婦人たちがゆっくりと歩いてゆく。品の良い笑い声を時折こぼしながら談笑に耽っている。 ...
SS

番外編2

こん。 咳をすると本当にそんな音が出て、深緋は思わず苦笑いしてしまった。それでまたむせてしまい、咳をする。横たわったまましばらく目を閉じ、呼吸を均すことに専念した。 (迂闊だわ……) 長い黒髪が褥に散らばり、彼女の細い身体は数日前からずっと...
SS

番外編1

詞菜の父は、山城の国主に仕えている。 国主というのは、山と森に囲まれたこの小さな国・山城の一番えらい人だ。一番大きな、立派な邸に住んでいて滅多なことでは民に姿を見せない。でも詞菜の父は違った。毎日あの大きなお屋敷に行って、お会いして、おつと...
タイトルとURLをコピーしました